リボ払いのキャッシングは損

キャッシングをした時の返済方法はいくつかありますが、その中でもリボ払いでの返済はとても多くみられる方法です。ですが、このリボ払いによる返済は非常に損をすることが多い方法になっています。

リボ払いは月々の返済金額が一定になる利便性が高い方法ですが、同時にいつまでたっても返済が終わらないというデメリットを持っている返済方法となっています。少額のキャッシングの場合には、数回の返済で終了することが多くなってきますが、30万円近くを借りた場合、毎月1万円づつの返済ではなかなか元金が減らずに利息ばかりを支払っていることになる可能性も高くなります。

リボ払いの中でも一定金額の返済の中に利息の金額も含まれる元利合計計算の返済方法は、非常に返済が長引く返済方法です。返済が長引けばそれだけ利息は多く支払うことになりますので、キャッシングなどを利用するときには、返済方法がどのようになっているのかということもよくチェックして申し込みをする、利用をするということが必要です。

もしリボ払いの場合でも、元金定額払いを選ぶようにして、出来るだけ元金を早く返済できる会社を選ぶようにすることで、返済を早く終わらせることが出来ます。